メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

PSA検査、55~69歳は個別に判断を

USPSTF、前立腺がん検診の勧告草案を公開

 2017年04月24日 07:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は現行の前立腺がん検診に関する勧告の改訂作業をほぼ終え、「55~69歳男性では、前立腺特異抗原(PSA)検査に基づく前立腺がん検診において想定されるベネフィットと害の周知を図り、検診の実施については臨床医と患者との十分な議論を踏まえて個別に判断すべき(グレードC:ネットベネフィットが小さいことが中程度以上確実)」との勧告草案をホームページで公開した。同時にパブリックコメントの募集を開始しており、今年5月8日まで受け付けている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  PSA検査、55~69歳は個別に判断を

error in template: found but mtif was expected