メニューを開く 検索を開く ログイン

女性の大腸がん死を減らすために

 2017年04月24日 19:27
プッシュ通知を受取る

 わが国におけるがん種別の年間罹患数を見ると、大腸がんは男性では4位だが、女性では2位である。またがん種別の死亡数では、大腸がんは男性では3位だが、女性では1位である。大腸がんの死亡数が女性で多いのは、肛門科受診の敷居が高いと感じる患者が多いため、進行がんで見つかる場合が多いことが考えられる。第1回日本臨床肛門病学会(3月25~26日)では、女性医師による肛門診療の現状が報告され、全大腸内視鏡検査そのものに対する啓発活動、「痔だと思って」肛門科を受診した女性患者に対するがん検診の啓発およびS状結腸内視鏡検査の施行などの重要性が指摘された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  女性の大腸がん死を減らすために

error in template: found but mtif was expected