メニューを開く 検索を開く ログイン

ノンテクニカルスキルで事故防止

専門スタッフ不在の救急医療現場での対策

 2017年04月25日 07:00
プッシュ通知を受取る

 チーム医療が必須となる救急医療の現場において、専属の医師が不在の体制で対応する場合、個人的な専門知識に頼らない組織全体としての問題解決力、いわゆる「ノンテクニカルスキル」の果たす役割は大きい読み解くためのキーワード:ノンテクニカルスキル。長浜赤十字病院(滋賀県)第一外科部長の塩見尚礼氏は同院救命救急センターにおけるヒヤリ・ハット事例とその発生率などを報告し、多職種で実施するカンファレンスや職場内でのコミュニケーションを密にすることでノンテクニカルスキルを磨き、ヒヤリ・ハット事例の発生を抑制できるよう努めていると第53回日本腹部救急医学会(3月2~3日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  ノンテクニカルスキルで事故防止