メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  小児B群連鎖球菌感染症で最大規模の全国調査

小児B群連鎖球菌感染症で最大規模の全国調査

第6次全国小児GBS調査の結果

 2017年04月26日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 B群連鎖球菌(GBS)は幅広い年齢層で感染症を起こすが、特に新生児や乳児に敗血症や髄膜炎などの重症感染症を引き起こす重要な原因菌である。神戸市立西神戸医療センター小児科部長の松原康策氏らは、過去最大規模となる小児GBS感染症の第6次全国調査(2011〜15年)の結果を第120回日本小児科学会(4月14〜16日)で報告した。この結果はInfection(2017年2月25日オンライン)にも発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  小児B群連鎖球菌感染症で最大規模の全国調査

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10507074 有効期限:10月末まで