メニューを開く 検索 ログイン

腹部超音波、日大式撮影・記録法とは

客観性が飛躍的に高まる

2017年04月27日 07:20

1名の医師が参考になったと回答 

 腹部超音波検査は、放射線被曝や痛みがないことから6臓器(肝臓、胆道、膵臓、腎臓、脾臓、腹部大動脈)を対象に一般診療や健康診断のスクリーニングに用いられている。しかし、これまで腹部超音波検査には統一化された客観的な基準がなく、標準的な方法論がなかった。こうした中、日本大学病院超音波診断センターでは病院の移転を契機にこれまで提唱していた同センター独自の超音波スクリーニング走査法を徹底断行した。同センター長の小川眞広氏は「腹部超音波検査における撮影・記録の枚数を決めるだけでなく順番も定めることで、客観性が飛躍的に高まる」と説明している。同氏に走査法を採用した経緯などについて聞いた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  腹部超音波、日大式撮影・記録法とは

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD507071 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外