メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  妊娠高血圧腎症のスクリーニングを

妊娠高血圧腎症のスクリーニングを

USPSTF、妊娠中を通じての血圧測定を推奨

 2017年04月27日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)のKirsten Bibbins-Domingo氏らは、全ての妊婦に対して妊娠期間を通じて血圧を測定し妊娠高血圧腎症をスクリーニングすることを、グレードBで推奨すると勧告した(JAMA 2017;317:1661-1667)。診断基準には蛋白尿も用いられるが、現時点の科学的知見から、随時尿検査はスクリーニングに有用でなく、蛋白尿単独では妊娠高血圧腎症の予測精度が低いとの見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  妊娠高血圧腎症のスクリーニングを

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07507084 有効期限:7月末まで