メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  末期腎不全治療率は日本が首位

末期腎不全治療率は日本が首位

世界腎臓病アトラス

 2017年04月27日 07:05
プッシュ通知を受取る

 国際腎臓学会(ISN)がこのほど、全世界の国・地域における腎疾患の有病率、早期診断・治療への対処状況をまとめたGlobal Kidney Health Atlas(GKHA)を公表した。125カ国の状況を解析した初のレポートで、利用可能な医療サービスの国・地域間格差が浮き彫りになると同時に、豊富な医療リソースを有する国々が抱える課題も提示された。GKHAのサマリーはJAMA2017年4月21日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  末期腎不全治療率は日本が首位

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09507719 有効期限:9月末まで