メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】会員規約改定のお知らせ(会員規約プライバシーポリシー

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  気管支肺異形成予防で神経発達は?

気管支肺異形成予防で神経発達は?

【海外短報】

 2017年04月30日 08:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フランスのグループが超早産児に対する低用量ヒドロコルチゾン投与による気管支肺異形成の予防効果を検討し、その結果をJAMA2017; 317: 1329-1337)に発表した(関連記事「妊婦へのステロイドが後期早産児の合併症を減少」)。

 同グループは、2008~14年にフランスの新生児集中治療室(NICU)21施設で実施したランダム化比較試験(PREMILOC)で、妊娠28週未満で生まれた超早産児に対する低用量ヒドロコルチゾン投与による気管支肺異形成がない生存の改善を確認している。今回、同試験の二次解析を行い、低用量ヒドロコルチゾン投与の神経発達に対する安全性を評価した。

 対象は超早産児523例。生後24時間以内に、ヒドロコルチゾン群(0.5mg/kg×2回/日を7日間投与し、その後は0.5mg/kg/日を3日間投与)に256例、プラセボ群に267例を割り付けた。406例が2歳まで生存していた。修正月齢の中央値22カ月の379例(ヒドロコルチゾン群194例、プラセボ群185例)で神経発達を評価した。

 その結果、ヒドロコルチゾン群とプラセボ群の神経発達障害なしの割合は73%対70%、軽度の神経発達障害ありの割合は20%対18%、中等度~重度の神経発達障害ありの割合は7%対11%で、いずれも有意差はなかった(P=0.33)。平均発達指数のスコアにも差はなかった。

 脳性麻痺や他の重大な神経学的障害の発症に関しても群間差は認められなかった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  気管支肺異形成予防で神経発達は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

登録キャンペーンのご案内
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04507747 有効期限:4月末まで