メニューを開く 検索を開く ログイン

子宮動脈塞栓術の有効性を探る

保険適用から3年

 2017年05月01日 10:50
プッシュ通知を受取る

 妊孕性温存の希望や必要がない場合の子宮筋腫に対し、子宮動脈塞栓術(UAE)が保険適用されてから今年(2017年)で3年を迎えた。今年4月に刊行された『産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2017』(日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編、以下、GL2017)においても、前回のGL2014に引き続きUAEが記載されている。大阪大学大学院産科学婦人科学教室講師の澤田健二郎氏に、UAEの有効性と安全性、この3年間での同氏らの治療成績などについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  子宮動脈塞栓術の有効性を探る