メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  血糖降下薬使用動向は血糖管理に影響?

血糖降下薬使用動向は血糖管理に影響?

【海外短報】

 2017年05月02日 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

糖尿病2017

 米・Yale Universityなどのグループが2型糖尿病患者の血糖降下薬の使用動向が血糖コントロールや重度低血糖の発現状況に与える影響について検討、その結果をDiabetes Care2017; 40: 468-475)に発表した(関連記事「メトホルミンの消化器症状―傾向と対策」)。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、2006~13年の2型糖尿病患者166万例のレセプトデータを用いて、この期間における血糖降下薬の使用、血糖コントロール、重度低血糖発現の経時的動向を調べた。

 8年間にメトホルミン(47.6%から53.5%)、DPP-4阻害薬(0.5%から14.9%)、インスリン(17.1%から23.0%)の使用は増えたが、スルホニル尿素薬(38.8%から30.8%)とチアゾリジン系薬(28.5%から5.6%)の使用は減少していた(全てP<0.001)。

 HbA1c値7%未満の患者の割合は56.4%から54.2%に減少し、9%以上の患者の割合は9.9%から12.2%に増加していた(いずれもP<0.001)。2013年における血糖コントロール不良の頻度は18~44歳が23.3%と最も高く、75歳以上では6.3%だった。重度低血糖の発現は、ともに100人・年当たり1.3例で変化は見られなかった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  血糖降下薬使用動向は血糖管理に影響?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10507748 有効期限:10月末まで