メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【寄稿】13年ぶりに改訂されたAHA川崎病ガイドライン

【寄稿】13年ぶりに改訂されたAHA川崎病ガイドライン

日本川崎病学会会長、東邦大学医療センター大橋病院病理診断科教授 髙橋 啓

 2017年05月09日 07:10
プッシュ通知を受取る

 米国心臓協会(AHA)川崎病ガイドライン2017年版(AHA KDGL 2017)が13年ぶりに改訂され、公表された(Circulation 2017年3月29日オンライン版)。カナダ・トロント小児病院のBrian McCrindle教授を中心とする北米、東アジアの川崎病研究者15人が改訂に携わり、日本からは東邦大学の佐地勉教授、国立成育医療研究センターの小林徹室長の2人が参加した。2012年7月に改訂チームが編成されたため、約5年の年月をかけて作業が進められたことになる。今回の改訂のポイントを解説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【寄稿】13年ぶりに改訂されたAHA川崎病ガイドライン

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10507714 有効期限:10月末まで