メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  家族性腫瘍の可能性を問われたら...

家族性腫瘍の可能性を問われたら...

GLで未発症者などへの対応策を新たに提示

 2017年05月09日 07:20
プッシュ通知を受取る

 家族性腫瘍とは、同一家系内で高発症する腫瘍例の総称だが、未発症者からその可能性を問われた際の対応策が、「産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2017」※1(以下、GL2017)に掲載された。近年、家族性腫瘍の原因遺伝子が同定され、今後日本でも有効な抗がん薬が承認される見通しだが、未発症者に発症の可能性を問われた際は「少なくとも第2近親者までの家族歴を聴取する」などとしたAnswerとその推奨レベルが第69回日本産科婦人科学会(4月14~16日)で示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとっての診療のストレス解消法は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  家族性腫瘍の可能性を問われたら...

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11508439 有効期限:11月末まで