メニューを開く 検索を開く ログイン

女性悪性腫瘍患者の妊孕性温存に答える

GLで新規CQ

 2017年05月09日 07:15
プッシュ通知を受取る

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の妊孕性ガイドライン(GL)では、がん治療開始前に治療が患者に及ぼす不妊リスクを留意し、妊孕性温存を希望する患者を生殖医療専門医に紹介するとしている。「産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2017」 (以下、GL2017)においても、女性悪性腫瘍患者の妊孕性温存に関するクリニカル・クエスチョン(CQ)が新規に採用、日本産科婦人科学会が設置する生殖医療専門施設と連携するなどのAnswerが、第69回同学会(4月14~16日)で紹介された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  女性悪性腫瘍患者の妊孕性温存に答える

error in template: found but mtif was expected