メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

耐性菌問題に日本が果たす役割とは

薬剤耐性対策アクションプランの意義を解説

 2017年05月10日 11:00
プッシュ通知を受取る

 世界規模で進行する薬剤耐性菌に関する問題に対処するため、わが国は2016年4月、国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議において薬剤耐性(AMR)対策アクションプランを策定し、以降5年間にわたり、「適切な薬剤を」、「必要な場合に限り」、「適切な量と期間」で使用するよう政・官・産・学が共同して国民運動の展開を目指すことになった。同プランの具体的内容やそれに基づきわが国が果たすべき役割について、国立国際医療研究センター国際感染症センターセンター長の大曲貴夫氏が第91回日本感染症学会/第65回日本化学療法学会(4月6~8日)で概説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  耐性菌問題に日本が果たす役割とは

error in template: found but mtif was expected