メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  米3学会・心不全管理GLを改訂

米3学会・心不全管理GLを改訂

2013年以降の新所見盛り込む

2017年05月11日 07:20

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国心臓協会(AHA)、米国心臓病学会(ACC)、米国心不全学会(HFSA)は米国心臓病学会財団(ACCF)/AHA心不全管理ガイドライン(GL)2013を改訂した。今回の改訂では、バイオマーカーの活用法、ステージCの左室駆出率(LVEF)が低下した心不全(HFrEF)の治療、HFの合併症に関して2013年以降の新知見を盛り込んだ他、合併症の章に高血圧のセクションを新設し、心血管リスクが高い群に対する血圧管理目標設定の重要性を強調した。同GLの全文はCirculation2017年4月28日オンライン版) およびJ Am Coll of Cardiol2017年4月29日オンライン版)、J Card Fail2017年4月28日オンライン版)で同時公開された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  米3学会・心不全管理GLを改訂