メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

どう捉える? 薬剤耐性率の目標値

薬剤耐性対策アクションプランより

 2017年05月12日 07:20
プッシュ通知を受取る

 世界規模で見られる薬剤耐性菌に関する問題に対処するため、わが国は2016年4月に薬剤耐性(AMR)対策アクションプランを策定した。同プランでは主な感染症を引き起こす細菌の薬剤耐性率について、2020年までに達成すべき目標値を具的に定めている。東邦大学微生物・感染症学講座教授の舘田一博氏は、その主な目標と現状について、同大学大森病院のデータを示しながら比較、分析し、第91回日本感染症学会/第65回日本化学療法学会(4月6~8日)で報告した。各目標値はかなり厳格で、期日までの達成には予断を許さない状況であるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  どう捉える? 薬剤耐性率の目標値

error in template: found but mtif was expected