メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  アルドステロン症が骨折に関係?

アルドステロン症が骨折に関係?

【海外短報】

 2017年05月13日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 島根大学のグループは原発性アルドステロン症(PA)と椎体骨折の関係を検討、その結果をJ Clin Endocrinol Metab2017; 102: 1237-1243)に発表した(関連記事「内分泌性高血圧のスクリーニングを」)。

 一部の観察研究で、過剰なアルドステロン値と骨密度(BMD)低下との関係が示されているが、PA患者が健康な人より骨折リスクが高いかどうかは明らかにされていない。同グループはPA患者56例を登録し、患者と年齢および性がマッチする健康な56例を対照群として、PAが椎体骨折の危険因子であるかどうかを検討した。

 PA群は対照群に比べ収縮期血圧(SBP)および拡張期血圧(DBP)、HbA1c値、トリグリセライド(TG)値、尿中カルシウム/クレアチニン(Ca/Cr)比が高く、HDLコレステロール(HDL-C)値が低かった(いずれもP<0.05)。

 解析の結果、PA群は椎体骨折の有病率が有意に高く(44.6%対23.2%、P<0.05)、重症骨折の頻度が高かった。年齢、性、BMIを補正した多変量ロジスティック回帰分析では、PAと椎体骨折との間に有意な関係が認められた(オッズ比3.13、95%CI 1.30~7.51、P<0.05)。

 この関係はSBPとDBP、HbA1c・TG・HDL-C値を補正後も有意だったが、Ca/Cr比とBMDを補正後には有意ではなくなった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  アルドステロン症が骨折に関係?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08508429 有効期限:8月末まで