メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  PA診断・治療の一体化を開発中

PA診断・治療の一体化を開発中

より低侵襲な治療法目指す

 2017年05月16日 07:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 CTガイド下ラジオ波(RF)焼灼術を施行した原発性アルドステロン症(PA)患者の8割超で、3カ月後にアルドステロン分泌の正常化が認められた医師主導多施設検証的治験成績を受けて、東北大学大学院放射線診断学分野教授の高瀬圭氏らは、解剖学的に施行困難な症例などへの適応拡大に向け、既に新たな開発を進めていることを、第90回日本内分泌学会(4月20~22日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  PA診断・治療の一体化を開発中

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10508459 有効期限:10月末まで