メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  大学眼科準夜間急患数、なぜ6分の1に?

大学眼科準夜間急患数、なぜ6分の1に?

広島市域の眼科一次救急の例

 2017年05月16日 12:00
プッシュ通知を受取る

 全国的に手術ができる眼科勤務医不足の問題が深刻化している。日本眼科医会常任理事でしらね眼科(広島県)院長の白根雅子氏は、広島大学眼科の準夜間帯の急患数が6分の1に減ったことを第121回日本眼科学会(4月6~9日)で報告し、その方策、地域の眼科医療資源の効率的活用法の一例について示した

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  大学眼科準夜間急患数、なぜ6分の1に?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06508521 有効期限:6月末まで