メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  CBnews »  生殖医療含めゲノム編集技術を議論へ 〔CBnews〕

生殖医療含めゲノム編集技術を議論へ 〔CBnews〕

厚労省の専門委員会

 2017年05月17日 07:10

 厚生労働省は15日、遺伝子治療の臨床研究指針に関する専門委員会の会合で、体細胞のゲノム編集技術の臨床応用について、「ヒト受精胚の検討は行わない」との議論の方向性を提案した。この提案に対し、委員からは、将来に備えて生殖医療を議論する必要性があるといった意見が大勢を占めたため、今後、生殖医療も含めてゲノム編集技術の議論が行われる見通しとなった。

 ゲノム編集は、DNAを切断する機能を持つタンパク質を使って、ゲノム上の特定の場所に変異を促す技術で、HIVや腫瘍の治療などに応用されている。受精卵の遺伝子異常を修復し、親から子に遺伝子が関連した疾患が伝わらないようにすることも技術的に可能だ。しかし、容姿などを人為的に変えた「デザイナーベビー」が生まれることなどが懸念されており、生殖医療の倫理に関する議論が国内外で行われている。

 この日の会合で厚労省は、ゲノム編集技術を用いたヒト受精胚の臨床応用の検討を行わない理由として、内閣府に設置された生命倫理専門調査会が昨年4月の中間とりまとめで「ゲノム編集技術を用いたヒト受精胚をヒトの胎内へ移植することは容認できない」としたことを挙げ、遺伝子治療の臨床研究指針を見直す際は、これに沿った内容にしたいとの考えを示した。

 これに対し、委員からは、生殖医療を避けずに議論することを求める意見に加え、「生命倫理専門調査会でやっているから、ここで議論できないのはおかしい」といった指摘が出た。厚労省は委員の意見を尊重する方針で、今後、遺伝子治療の臨床研究の観点から生殖医療の議論が進みそうだ。

cb170502_ph1.jpg

(2017年5月16日 新井哉・CBnews)

CBnews

follow us in feedly

コメント機能は会員限定サービスです。

ランキング

  1. 1

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  2. 2

    ご存知ですか?ケミカルコーピング

  3. 3

    1錠単回投与の新インフル薬

  4. 4

    前立腺全摘と経過観察で全死亡率に差なし

  5. 5

    CPAPに遠隔医療のニーズあり

  6. 6

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  7. 7

    ケミカルコーピングとプラセボ

  8. 8

    生きる上で最も必要とするものは?(医師からの投稿)

  9. 9

    乳房切除後の寡分割照射で良好な成績

  10. 10

    高齢者のための高血圧診療GLを公表

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    ビタミンCの大復活来るか!?

  2. 2

    創洗浄はタラタラ洗えばよい。石鹸を使うと再手術率が増える!

  3. 3

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  4. 4

    動脈硬化予防GL5年ぶりに改訂

  5. 5

    サルコペニアを来さない体重減量法とは

  6. 6

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  7. 7

    貼るインフルワクチンの安全性確認

  8. 8

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  9. 9

    BPSD、まず抗認知症薬を

  10. 10

    除菌後の胃がんを見逃さない

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  CBnews »  生殖医療含めゲノム編集技術を議論へ 〔CBnews〕

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P07508549有効期限:7月末まで