メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

抗ヒトIGF-IR抗体製剤が甲状腺眼症に有効

 2017年05月18日 15:35
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 甲状腺眼症の新たな治療戦略としてインスリン様成長因子I受容体(IGF-IR)阻害の有効性が示された。米・University of Michigan Medical SchoolのTerry J. Smith氏らは、抗ヒトIGF-IR抗体製剤teprotumumabの有効性および安全性をランダム化比較試験で検討した結果、同薬はプラセボと比べて眼球突出および臨床的活動性スコア(Clinical Activity Score;CAS)の改善度が大きかったとN Engl J Med2017; 376: 1748-1761)に発表した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  抗ヒトIGF-IR抗体製剤が甲状腺眼症に有効