メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

CANVAS、CANVAS-Rの最終結果に基づく判断

 2017年05月18日 15:03
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は5月18日付けの安全性情報で、SGLT2阻害薬カナグリフロジンの下肢(足・脚)切断リスクに関する警告を発出した。同薬を用いた大規模臨床試験CANVASおよびCANVAS-Rの最終結果に基づくもので、同薬により下肢切断リスクが高まると判断。添付文書に枠組み警告を含む注意喚起を追加するよう指示している(関連記事「"SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増"警告」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外