メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

CANVAS、CANVAS-Rの最終結果に基づく判断

2017年05月18日 15:03

 米食品医薬品局(FDA)は5月18日付けの安全性情報で、SGLT2阻害薬カナグリフロジンの下肢(足・脚)切断リスクに関する警告を発出した。同薬を用いた大規模臨床試験CANVASおよびCANVAS-Rの最終結果に基づくもので、同薬により下肢切断リスクが高まると判断。添付文書に枠組み警告を含む注意喚起を追加するよう指示している(関連記事「"SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増"警告」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク