メニューを開く 検索を開く ログイン

6割の医師が患者希望で抗菌薬投与

かぜ症候群に対する抗菌薬処方

 2017年05月19日 16:12
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 抗菌薬を処方するのは当然医師だが、その動向を決定するのは医師だけとは限らず、薬剤耐性(AMR)の問題にはさまざまな要因が影響を及ぼしている。中浜医院(大阪市)院長の中浜力氏は、開業医と勤務医を対象に、かぜ症候群に対する抗菌薬の投与に関する調査結果を報告。約6割の医師がかぜ症候群の患者もしくはその家族の希望により抗菌薬を投与している実態が、第91回日本感染症学会/第65回日本化学療法学会(4月6~8日)で明らかにされた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  6割の医師が患者希望で抗菌薬投与