メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  経口乾癬薬の安全性・忍容性を確認

経口乾癬薬の安全性・忍容性を確認

ホスホジエステラーゼ(PDE)4阻害薬アプレミラストの第Ⅲ相RCT

 2017年05月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 中等症~重症の尋常性乾癬患者を対象にした第Ⅲ相ランダム化比較試験で、細胞内情報伝達物質であるサイクリックAMP(cAMP)およびサイクリックGMP (cGMP)を分解する酵素、ホスホジエステラーゼ(PDE)4の阻害薬アプレミラストの3年以上の長期の安全性および忍容性が確認された。米・Bakersfield DermatologyのJeffrey Crowley氏らがESTEEM 1試験およびESTEEM 2試験の結果をJ Am Acad Dermatol2017年4月14日オンライン版)に発表した。同薬はわが国で既に尋常性乾癬、関節症性乾癬の治療薬として承認されている(関連記事)。

Efficacy and Safety Trial Evaluating the Effects of Apremilast in Psoriasis

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  経口乾癬薬の安全性・忍容性を確認

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08508444 有効期限:8月末まで