メニューを開く 検索 ログイン

炎症性腸疾患の発生要因を探る

2017年05月22日 07:01

1名の医師が参考になったと回答 

 炎症性腸疾患(IBD)のわが国における患者数は近年著しく増加し27万人程度と推定されるが、その発生要因はいまだ特定されていない。そこで厚生労働省の「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班では、IBDの危険因子が検討された。その研究成果について、東邦大学医療センター佐倉病院消化器内科教授の鈴木康夫氏に聞いた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  炎症性腸疾患の発生要因を探る

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで