メニューを開く 検索を開く ログイン

TNF阻害薬抵抗性の日本人RAにも有効②

国際多施設共同第Ⅲ相試験のサブ解析結果

 2017年05月23日 13:00
プッシュ通知を受取る

 ヒト型抗インターロイキン(IL)-6モノクローナル抗体であるリウマチ治療薬シルクマブは、TNF阻害薬抵抗性関節リウマチ(RA)患者を対象とした国際多施設共同第Ⅲ相試験(SIRROUND-T試験)においてその有効性、安全性が示されていた。産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏らは同試験のサブ解析を行い、同薬が日本人RA患者においても有効で忍容可能であると第61回日本リウマチ学会(4月20~22日)で報告した。(関連記事DMARD抵抗性の日本人RAにシルクマブが有効①

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  TNF阻害薬抵抗性の日本人RAにも有効②