メニューを開く 検索を開く ログイン

シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?

精子濃度や運動精子数にも関連

 2017年05月23日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 平日の日中に働いている標準的な労働者と比べ、夜間から早朝の時間帯に働くシフト勤務者ではさまざまな健康リスクが高まることが指摘されている。こうした中、シフト勤務あるいはそれに伴う睡眠障害が、男性の下部尿路症状や性機能低下症のリスクに関連することを示した3つの研究結果が米国泌尿器科学会(AUA 2017、5月12~16日、ボストン)で報告された。いずれも米・Baylor College of MedicineのLarry I. Lipshultz氏らのグループが実施した研究で、全ての研究でシフト勤務者の睡眠習慣がこれらの症状に強く影響することが明らかになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?