メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?

シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?

精子濃度や運動精子数にも関連

 2017年05月23日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 平日の日中に働いている標準的な労働者と比べ、夜間から早朝の時間帯に働くシフト勤務者ではさまざまな健康リスクが高まることが指摘されている。こうした中、シフト勤務あるいはそれに伴う睡眠障害が、男性の下部尿路症状や性機能低下症のリスクに関連することを示した3つの研究結果が米国泌尿器科学会(AUA 2017、5月12~16日、ボストン)で報告された。いずれも米・Baylor College of MedicineのLarry I. Lipshultz氏らのグループが実施した研究で、全ての研究でシフト勤務者の睡眠習慣がこれらの症状に強く影響することが明らかになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外