メニューを開く 検索 ログイン

シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?

精子濃度や運動精子数にも関連

2017年05月23日 07:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 平日の日中に働いている標準的な労働者と比べ、夜間から早朝の時間帯に働くシフト勤務者ではさまざまな健康リスクが高まることが指摘されている。こうした中、シフト勤務あるいはそれに伴う睡眠障害が、男性の下部尿路症状や性機能低下症のリスクに関連することを示した3つの研究結果が米国泌尿器科学会(AUA 2017、5月12~16日、ボストン)で報告された。いずれも米・Baylor College of MedicineのLarry I. Lipshultz氏らのグループが実施した研究で、全ての研究でシフト勤務者の睡眠習慣がこれらの症状に強く影響することが明らかになった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  シフト勤務が尿路症状や性機能に影響?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD508599 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外