メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

糖尿病足病変、日本は海外の1割

年間発症率0.3%、切断率0.05%

 2017年05月23日 11:26
プッシュ通知を受取る

糖尿病2017

 福岡県内の糖尿病専門施設の糖尿病患者5,131例の解析から、日本での足潰瘍の年間発症率は0.3%(切断率0.05%)であり、海外の約10分の1であったことを、白十字病院(福岡市)副院長の岩瀬正典氏(九州大学大学院病態機能内科学・共同研究員)が第60回日本糖尿病学会(5月18~20日)で報告した。足潰瘍発症例の44%にある疾患が認められ、下肢切断となった80%が同疾患合併例であったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  糖尿病足病変、日本は海外の1割

error in template: found but mtif was expected