メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  Hib、PCV定期接種化後の市中菌血症の実態

Hib、PCV定期接種化後の市中菌血症の実態

 2017年05月24日 07:15
プッシュ通知を受取る

 わが国では、2013年4月からインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン(PCV)が定期接種化された。国保旭中央病院(千葉県)小児科小児総合診療部長の北澤克彦氏は、定期接種化後の小児市中菌血症(CAB)の実態を調査し、その結果を第120回日本小児科学会(4月14〜15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  Hib、PCV定期接種化後の市中菌血症の実態

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10508620 有効期限:10月末まで