メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  圧反射活性化療法の降圧効果を長期に追跡

圧反射活性化療法の降圧効果を長期に追跡

【海外短報】

 2017年05月25日 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 オランダのグループが治療抵抗性高血圧に対する圧反射活性化療法による降圧効果が長期に追跡。その結果をHypertension2017; 69: 836-843)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 圧反射活性化療法は、頸動脈洞に埋め込んだ装置により圧受容器に電気刺激を加え、交感神経活動を抑制する治療法。短期の研究で治療抵抗性高血圧患者における降圧効果が示されているが、長期研究の結果は報告されていない。

 同グループは、治療抵抗性高血圧患者を対象にした3試験のうち1試験に含まれた全患者383例の追跡データを解析し、圧反射活性化療法に関する長期の有効性と安全性を評価した。解析対象とした383例中143例は5年間、48例は6年間それぞれ追跡されていた。

 診察室で測定された全患者の収縮期血圧は登録時の179±24mmHgから144±28mmHgに、拡張期血圧は103±16mmHgから85±18mmHgにいずれも有意に低下していた(P<0.0001)。同様に、心拍数は74±15/分から71±13/分に減少した(P<0.02)。

 圧反射活性化療法の効果は心不全の徴候が見られる患者では平均より高く、孤立性収縮期高血圧の患者では平均より低かった。患者の約25%は、中央値で6剤使用していた降圧薬を3剤まで減らすことが可能であった。

 装置の埋め込み手技または心血管系の不安定性と関連する一時的な有害事象が見られたが、特に対処を必要とせず、時間とともに解消された。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  圧反射活性化療法の降圧効果を長期に追跡

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10508536 有効期限:10月末まで