メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  「担当医が高齢」で入院患者の予後悪化?

「担当医が高齢」で入院患者の予後悪化?

担当医が若いほど30日死亡率低下―米・観察研究

 2017年05月26日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 経験豊富な高齢の医師の方が、若い医師よりも治療成績が優れていると考える患者は多い。しかし、米・Harvard T. H. Chan School of Public Healthの津川友介氏らが米国内の高齢入院患者約73万例を対象に実施した研究からは、60歳以上の医師による治療を受けた患者では、より若い医師による治療を受けた患者と比べて入院から30日以内の死亡率(30日死亡率)が高く、医師の年齢が低くなるほど同死亡率は低下することが示されたという。詳細はBMJ2017;357:j1797)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  「担当医が高齢」で入院患者の予後悪化?

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12508634 有効期限:12月末まで