メニューを開く 検索を開く ログイン

アトピー性皮膚炎治療の展望

症状改善を目指し、新薬が相次ぎ成果

 2017年05月29日 07:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、アトピー性皮膚炎の患者は増加傾向にあり、かつては小児で多く見られたが、成人の患者も増えている。治療はステロイドや免疫抑制薬などの外用薬が中心となるが、中等症〜重症患者では十分な効果が得られない場合も少なくない。新薬の登場が予定されるアトピー性皮膚炎の治療ポイントと開発中の新薬について、国際医療福祉大学皮膚科主任教授で化学療法研究所病院皮膚科部長の菅谷誠氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  アレルギー »  アトピー性皮膚炎治療の展望