メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  在宅非侵襲的換気でCOPD増悪後の予後改善

在宅非侵襲的換気でCOPD増悪後の予後改善

 2017年05月30日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 非侵襲的換気療法(Noninvasive Ventilation;NIV)を要する慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease;COPD)患者の急性増悪後の予後は不良であり、再入院や死亡を回避する治療法はほとんどない。英・Lane Fox Unit, Guy's and St Thomas' NHS Foundation TrustのPatrick B. Murphy氏らは、COPD急性増悪後の高二酸化炭素血症が持続する患者において在宅酸素療法に在宅NIVを併用することにより、1年以内の再入院あるいは死亡までの期間が延長したことを、JAMA2017年5月21日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  在宅非侵襲的換気でCOPD増悪後の予後改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11508672 有効期限:11月末まで