メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  データ不足の小児後天性脱髄症候群の実態

データ不足の小児後天性脱髄症候群の実態

全国調査結果

 2017年05月30日 07:30

 福岡赤十字病院の高田結氏は、わが国における小児後天性脱髄症候群(ADS)の全国調査の結果を第120回日本小児科学会(4月14〜15日)で報告。「今回の調査により、小児急性散在性脳脊髄炎(ADEM)罹患率、小児多発性硬化症(MS)や小児視神経脊髄炎(NMO)の有病率が明らかにされ、MSの初発症状はADEMと比べて視力障害の頻度が高いことなども認められた」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  データ不足の小児後天性脱髄症候群の実態

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10508674 有効期限:10月末まで