メニューを開く 検索を開く ログイン

データ不足の小児後天性脱髄症候群の実態

全国調査結果

 2017年05月30日 07:30
プッシュ通知を受取る

 福岡赤十字病院の高田結氏は、わが国における小児後天性脱髄症候群(ADS)の全国調査の結果を第120回日本小児科学会(4月14〜15日)で報告。「今回の調査により、小児急性散在性脳脊髄炎(ADEM)罹患率、小児多発性硬化症(MS)や小児視神経脊髄炎(NMO)の有病率が明らかにされ、MSの初発症状はADEMと比べて視力障害の頻度が高いことなども認められた」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  データ不足の小児後天性脱髄症候群の実態