メニューを開く 検索を開く ログイン

高尿酸血症治療で腎機能を保持できるか

FEATHER studyの結果概要発表

 2017年05月30日 16:51
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

 高尿酸血症の治療は腎機能の保持にも有効か―。介入試験による世界初のエビデンス確立を目指して行われたFEATHER studyの結果の概要がまとまり、東京慈恵会医科大学慢性腎臓病病態治療学教授の細谷龍男氏が第60回日本腎臓学会(JSN 2017、5月26〜28日)で発表した。臨床上の未解決課題である無症候性高尿酸血症の治療を考える上で、貴重な研究成果といえそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  高尿酸血症治療で腎機能を保持できるか

error in template: found but mtif was expected