メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  終末期のガイドラインの位置付けは

終末期のガイドラインの位置付けは

3学会合同GL作成の経緯を報告

 2017年05月31日 07:00
プッシュ通知を受取る

 2014年11月に日本救急医学会、日本集中治療医学会、日本循環器学会の3学会は合同で「救急・集中治療における終末期医療に関するガイドライン~3学会からの提言~」〔以下、3学会合同ガイドライン(GL)〕を公表した。3学会合同GL作成の経緯について、日本救急医学会代表理事で日本医科大学大学院救急医学分野教授(同大学病院高度救命救急センターセンター長)の横田裕行氏が第37回日本脳神経外科コングレス(5月11~14日)で解説し、今後は3学会だけでなく、複数の学会や他領域での使用が可能で、社会に広く認知されるGLが必要であると指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  終末期のガイドラインの位置付けは

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04508678 有効期限:4月末まで