メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】日本の整形外科医ではありえないスタンス

【解説】日本の整形外科医ではありえないスタンス

NTT東日本関東病院院長補佐(手術部長)/整形外科主任医長 大江隆史

 2017年05月31日 15:35
プッシュ通知を受取る

【編集部から】症候性の変形性膝関節症(膝OA)患者を対象にランダム化比較試験(RCT)を行い、関節内ステロイド注射を3カ月間隔で2年間継続する効果をプラセボと比較検討した結果、長期的な疼痛緩和効果は示されず、軟骨量が有意に減少することが米国の研究者によって報告された(関連記事)。わが国の膝OA診療における同研究の意義について、NTT東日本関東病院(東京都)院長補佐(手術部長)で整形外科主任医長の大江隆史氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPS細胞関連研究の進展。思うことは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】日本の整形外科医ではありえないスタンス

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11508688 有効期限:11月末まで