メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

【解説】日本の整形外科医ではありえないスタンス

NTT東日本関東病院院長補佐(手術部長)/整形外科主任医長 大江隆史

 2017年05月31日 15:35
プッシュ通知を受取る

【編集部から】症候性の変形性膝関節症(膝OA)患者を対象にランダム化比較試験(RCT)を行い、関節内ステロイド注射を3カ月間隔で2年間継続する効果をプラセボと比較検討した結果、長期的な疼痛緩和効果は示されず、軟骨量が有意に減少することが米国の研究者によって報告された(関連記事)。わが国の膝OA診療における同研究の意義について、NTT東日本関東病院(東京都)院長補佐(手術部長)で整形外科主任医長の大江隆史氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】日本の整形外科医ではありえないスタンス

error in template: found but mtif was expected