メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  職種で坐位時間に差、健康格差も

職種で坐位時間に差、健康格差も

2017年06月01日 07:15

 近年、坐位行動は身体活動とは独立した健康リスクであることが示唆され、坐位行動時間が長いと中強度〜高強度の身体活動を行っていても死亡率や心血管疾患の罹患率が高くなることなどが報告されている。東京医科大学公衆衛生学分野の福島教照氏は、坐位行動について職業との関連の視点から検討し、第90回日本産業衛生学会(5月11〜13日)で結果を報告した(関連記事)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  職種で坐位時間に差、健康格差も