メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  川崎病への生物学的製剤の効果は?

川崎病への生物学的製剤の効果は?

特定使用成績調査の中間報告

 2017年06月02日 07:00
プッシュ通知を受取る

 急性期の川崎病患者に対する治療薬として抗ヒトTNFαモノクローナル抗体であるインフリキシマブ(IFX)が、世界に先駆けてわが国で2015年12月に承認された(関連記事:インフリキシマブが川崎病急性期に適応拡大)。鹿児島大学病院小児診療センターの武井修治氏らは、小児の川崎病患者に対するIFXの特定使用成績調査(SAKURA study)を実施中であり、第120回日本小児科学会(4月14〜16日)で中間報告を行った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  川崎病への生物学的製剤の効果は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10508812 有効期限:10月末まで