メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

川崎病への生物学的製剤の効果は?

特定使用成績調査の中間報告

 2017年06月02日 07:00
プッシュ通知を受取る

 急性期の川崎病患者に対する治療薬として抗ヒトTNFαモノクローナル抗体であるインフリキシマブ(IFX)が、世界に先駆けてわが国で2015年12月に承認された(関連記事:インフリキシマブが川崎病急性期に適応拡大)。鹿児島大学病院小児診療センターの武井修治氏らは、小児の川崎病患者に対するIFXの特定使用成績調査(SAKURA study)を実施中であり、第120回日本小児科学会(4月14〜16日)で中間報告を行った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  川崎病への生物学的製剤の効果は?