メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

推奨目標以下への降圧で心疾患・全死亡リスク減

42試験、14万4,220例をメタ解析

 2017年06月05日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Tulane UniversityのJoshua D. Bundy氏らの研究グループは、42件の臨床試験に参加した降圧治療中の高血圧患者における収縮期血圧(SBP)低下と心疾患および総死亡リスクの関係をメタ解析で検証。推奨されているSBP目標値よりさらに低いレベルへの低下が、心疾患や全死亡のリスク減少と有意に関連していたとJAMA Cardiology2017年5月31日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  推奨目標以下への降圧で心疾患・全死亡リスク減