メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  推奨目標以下への降圧で心疾患・全死亡リスク減

推奨目標以下への降圧で心疾患・全死亡リスク減

42試験、14万4,220例をメタ解析

 2017年06月05日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Tulane UniversityのJoshua D. Bundy氏らの研究グループは、42件の臨床試験に参加した降圧治療中の高血圧患者における収縮期血圧(SBP)低下と心疾患および総死亡リスクの関係をメタ解析で検証。推奨されているSBP目標値よりさらに低いレベルへの低下が、心疾患や全死亡のリスク減少と有意に関連していたとJAMA Cardiology2017年5月31日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  推奨目標以下への降圧で心疾患・全死亡リスク減

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06508844 有効期限:6月末まで