メニューを開く 検索を開く ログイン

IFNフリー合剤が治療不成功C型肝炎に有効

DAA3剤合剤の第Ⅲ相試験POLARIS-1・POLARIS-4

 2017年06月06日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フランス・Hospital Saint JosephのMarc Bourlière氏らは、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)による治療が成功しなかった慢性C型肝炎患者を対象に、インターフェロン(IFN)フリーDAAのソホスブビル、velpatasvir、voxilaprevirを含有する合剤の効果を検討した2件の第Ⅲ相試験POLARIS-1とPOLARIS-4で、1日1錠12週間経口投与により投与終了後12週時点のウイルス学的著効(SVR12)達成率が有意に向上することが示されたとN Engl J Med(2017; 376: 2134-46に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  IFNフリー合剤が治療不成功C型肝炎に有効

error in template: found but mtif was expected