メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  医療経営 »  ヘルスケアでも胎動し始めた「SIB」

ヘルスケアでも胎動し始めた「SIB」

行政が成果報酬で民間に委託

 2017年06月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 ソーシャル・インパクト・ボンド( SIB)とは、民間から事業資金を調達し、行政が企業などサービス提供者に事業を委託して、成果に応じて報酬を支払うというもの。欧米を中心に児童養護、就労支援など多くの分野で広がっているが、わが国でもSIBをヘルスケア領域に導入する動きが進んでいる。既に八王子市、神戸市では今年度(2017年度)からの本格導入に向けた予算が成立している。6月5日に東京都で開催された21世紀医療課題委員会第37回公開フォーラム「動き出したSIB・医療システムといかに組み合わせるか?」では、日本未病システム学会理事長の福生吉裕氏が「SIBはまだ日本で始まったばかりで、根を下ろすにはもう少し時間がかかるかもしれないが、非常に画期的なシステム」とSIBの導入によるヘルスケアの向上に期待を表明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  医療経営 »  ヘルスケアでも胎動し始めた「SIB」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11508887 有効期限:11月末まで