メニューを開く 検索 ログイン

白斑にJAK阻害薬の局所治療が有効か

【海外短報】

2017年06月09日 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 尋常性白斑にヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ルキソリチニブの局所治療が有効であることを示唆する試験結果が、米・Tufts Medical CenterのグループによりJ Am Acad Dermatol2017; 76: 1054-1060. e1)に発表された(関連記事「潰瘍性大腸炎に経口JAK阻害薬が有効」、「JAK阻害薬バリシチニブ、MTX不応例で効果」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  白斑にJAK阻害薬の局所治療が有効か

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで