メニューを開く 検索を開く ログイン

保存期CKDの腎性貧血治療薬

長期使用成績を報告

 2017年06月09日 07:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 海外での大規模臨床試験の結果から、保存期慢性腎臓病(CKD)患者におけるヘモグロビン(Hb)濃度13g/dL以上の維持が、心血管疾患(CVD)の発症リスクを増加させる懸念が浮上し、論議を呼んでいる。では、日本人CKD患者の腎性貧血に対する赤血球造血刺激因子製剤(ESA)長期使用下における安全性と有効性に影響を及ぼす要因は何か、CVDの発症状況はどうか。東京大学腎臓・内分泌内科の田中哲洋氏らは、こうした課題を検証すべく、持続型ESA/ダルベポエチンアルファ(DA)の特定使用成績調査DREAM-Jを実施し、解析結果を第60回日本腎臓学会(JSN 2017、5月26〜28日)で報告した。

DREAM-J:Darbepoetin Alfa for Renal Anemia Management in Japan、「ネスプ®注射液プラシリンジ特定使用成績調査 保存期慢性腎臓病患者における腎性貧血」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  保存期CKDの腎性貧血治療薬

error in template: found but mtif was expected