メニューを開く 検索を開く ログイン

ミノサイクリンで多発性硬化症への進展抑制

 2017年06月09日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 テトラサイクリン系抗菌薬ミノサイクリンには免疫調節作用が認められ、安全性プロファイルが良好で耐性発現頻度が低いとされていることから、同薬の多発性硬化症(MS)に対する抑制効果が注目されている。カナダ・Foothills Medical CentreのL. M. Metz氏らは、脱髄症状の初発が確認されたclinically isolated syndrome(CIS)患者を対象としたランダム化比較試験(RCT)を行い、多発性硬化症(MS)への進展をミノサイクリンで抑制できるかどうかを検討。「投与開始後6カ月時点でミノサイクリンはプラセボに比べ有意に進展を抑制していることが示されたが、24カ月時点では有意差は示されなかった」とN Engl J Med2017; 376: 2122-2133)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  ミノサイクリンで多発性硬化症への進展抑制