メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  ADA2017、サンディエゴで開催中

ADA2017、サンディエゴで開催中

注目演題をレポート

 2017年06月12日 11:42
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 6月9日、サンディエゴ・コンベンションセンターで第77回米国糖尿病学会(ADA2017)が開幕した。学会の発表(10日11時現在)によると、およそ1万6,000人の参加が見込まれており、その55%を米国外の専門医などが占めるという。13日までの5日間で200以上のセッションが予定されているが、特に注目されているのが薬物療法の臨床試験成績が発表されるシンポジウムである。

 Medical Tribuneでは、SGLT2阻害薬カナグリフロジンが心血管イベントリスクおよび糖尿病腎症の進展に及ぼす影響を見た統合解析CANVAS Programや、持効型インスリンであるインスリンデグルデクの心血管への安全性を検証したDEVOTE試験の結果など、注目演題をレポートする。

ADA2017取材班

ADA2017
  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  ADA2017、サンディエゴで開催中

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04508927 有効期限:4月末まで