メニューを開く 検索を開く ログイン

多職種で取り組むCKD重症化予防

腎臓病療養指導士が来年誕生

 2017年06月13日 14:32
プッシュ通知を受取る

 腎臓病療養指導士が来年(2018年)誕生する。1,300万人といわれる慢性腎臓病(CKD)患者に医師だけで対応するのは困難で、多職種が連携してCKDの重症化予防に取り組む必要があるが、同指導士にはチーム医療の連携役としての役割が期待されている。第60回日本腎臓学会(JSN 2017、5月26〜28日)のシンポジウム「CKD重症化予防と多職種連携体制の構築」において、筑波大学腎臓内科学准教授の斎藤知栄氏は、腎臓病療養指導士の誕生で活性化が期待される多職種によるCKD対策の意義や取り組みを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  多職種で取り組むCKD重症化予防