メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  同種培養表皮、製品化の開発進む

同種培養表皮、製品化の開発進む

日本熱傷学会で報告

 2017年06月15日 16:40
プッシュ通知を受取る

 京都大学大学院形成外科学特定講師の坂本道治氏は、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングと共同開発中の同種(他家)培養表皮の現状について第43回日本熱傷学会(5月25~26日)で報告した。重症広範囲熱傷に対して自家培養表皮が既に製品化されているが、培養に約3週間かかるため急性期への対応ができないのが現状。そのため、他家培養表皮の臨床応用が望まれており、今年度中には臨床研究を開始したいとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イチローついに引退・・・

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  同種培養表皮、製品化の開発進む

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P03508940 有効期限:3月末まで