メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  「糖尿病による苦痛」の緩和にあの手法

「糖尿病による苦痛」の緩和にあの手法

認知行動療法+運動療法のACTIVEプログラムが有効

 2017年06月15日 07:15
プッシュ通知を受取る

 糖尿病患者は食事制限や運動療法など治療上求められることが多く、抑うつ、不安、摂食障害などのリスクが高い。糖尿病患者が抱える心の負担は「糖尿病による苦痛(diabetes-related distress)」と呼ばれ、健康上のアウトカムやQOLに大きな影響を与えることから、米国糖尿病学会(ADA)でも近年関心が高まっている。今回のADA2017(6月9〜13日、サンディエゴ)で注目された発表の1つは、抑うつ症状を有する2型糖尿病患者における認知行動療法(CBT)と運動療法の併用に関する比較試験だ。12週間の治療で、通常のケアと比べて、抑うつ症状の改善だけでなく血糖コントロールの改善も得られたことを、米・Indiana UniversityのMary de Groot氏が報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  「糖尿病による苦痛」の緩和にあの手法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08508945 有効期限:8月末まで