メニューを開く 検索を開く ログイン

「糖尿病による苦痛」の緩和にあの手法

認知行動療法+運動療法のACTIVEプログラムが有効

 2017年06月15日 07:15
プッシュ通知を受取る

 糖尿病患者は食事制限や運動療法など治療上求められることが多く、抑うつ、不安、摂食障害などのリスクが高い。糖尿病患者が抱える心の負担は「糖尿病による苦痛(diabetes-related distress)」と呼ばれ、健康上のアウトカムやQOLに大きな影響を与えることから、米国糖尿病学会(ADA)でも近年関心が高まっている。今回のADA2017(6月9〜13日、サンディエゴ)で注目された発表の1つは、抑うつ症状を有する2型糖尿病患者における認知行動療法(CBT)と運動療法の併用に関する比較試験だ。12週間の治療で、通常のケアと比べて、抑うつ症状の改善だけでなく血糖コントロールの改善も得られたことを、米・Indiana UniversityのMary de Groot氏が報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  「糖尿病による苦痛」の緩和にあの手法

error in template: found but mtif was expected