メニューを開く 検索

「皮膚バンク」が活動再開

海外からの輸入窓口の役割も担う

2017年06月16日 07:15

 ドナーから採皮した同種皮膚を凍結保存しておく日本スキンバンクネットワーク(JSBN)は、一時活動休止に陥っていたが、昨年(2016年)10月に活動を再開した。今年4月にはコーディネーターが2人体制となり、活動範囲を広げていくという。また、テロや災害による重症熱傷患者の大量発生時に同種皮膚の緊急輸入が可能になるように、同種皮膚の輸入プロセスの確認作業を進めていく方針も明らかになった。同ネットワーク理事で、防衛医科大学校防衛医学研究センター外傷研究部門教授の齋藤大蔵氏が第43回日本熱傷学会(5月25~26日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  「皮膚バンク」が活動再開